DESIGNER

一級建築士

舘 政行

Masayuki Tachi

舘 政行

1960年

福井県生まれ

設計思想

敷地を読むということ

建物を建てる敷地は一つとして同じものはありません。
敷地の形、大きさ、道路の位置、隣家の状況、その街の雰囲気etc・・・
その敷地の特性を生かしているか否かで、快適さが全く違ってきます。
むしろ、特性を生かすことが快適さの必要条件となります。
敷地を読むこと。それが設計のスタートです。

お客様の要望を聞くこと

お客様の要望を聞かせていただくにあたり、単にやりたいことだけを聞くのではなく
普段の生活スタイルや趣味や休日の過ごし方の話を聞かせて頂き
そうしたいという真の理由は何なのか、気が付いていない希望は無いのか
というようなことをお客様と一緒に探しています。
その家に生活するお客様の姿が明確に想像できることが要望を満たすことと考えています。

ロングライフ住宅であること

ヘーベルハウスはロングライフ住宅です。
物理的にロングライフであるということは、数世代にわたり住んでいただくことです。
家族構成の変化、住まい方の変化に対応できるような家を考えています。
街並みに対しても長期にわたりランドマークになるような家を作っていきたいと
思って設計しています。

信頼していただくこと

家を作るときには、プライベートなことも含めて色々聞かせてもらう事ではじめて
良い家になります。
そのためにはお互いの信頼関係が最も重要だと思っています。
設計のプロとしてお客様に信頼されるようにこれからも研鑚していきます。

CONTACT US

東京デザインオフィスでは家づくりのご相談をいつでも承っています。最新の建築実例集もご用意しておりますので、
お気軽に下記連絡先からお問い合わせください。

フリーダイヤルでのお問い合わせ

0120-040-744

受付時間 / 9:00-18:00  定休日 / 火曜日・水曜日

PAGE TOP