1. トップページ
  2. TDOのコンセプト
  3. ロングライフデザイン

Concept of TOKYO DESIGN OFFICE

04ロングライフデザイン

東京デザインオフィスのデザインコンセプトはロングライフであること。高性能な住宅システムに裏づけされたシェルターに、安心して、快適に、自由にそして長く大切に住んでいただける住宅をデザインすることです。へーベルハウスのようなシステム住宅が本当によい家として完成するためには、二つのデザインがよくできていることが必要です。一つはシステムとしての商品のデザイン。二つめはそれぞれ違う敷地に違うお客様のためにする個別のデザインです。私たちはこの二つのデザインがうまくいったとき旭化成の考えるロングライフデザインがはじめて実現されると考えています。
ロングライフデザインは、単に耐久性が高く、状況の変化に対応しやすくするいといったネガティブチェック的なデザインだけでは実現できないと考えています。住宅が建て替えられる理由の多くは、耐久性や生活の変化に対応できなくなることだと思いますが、それ以前に必要なことは、その建物が愛されていることです。好きで、愛着を持っていないものは機能的に満足できなくなった場合簡単に壊されてしまうのではないでしょうか。機能は変化します。特にお子様が小さい場合、今の生活スタイルは10年も経てば、かなり違うものになっている可能性が高いと思います。東京デザインオフィスは変わるものと変わらないものを明確に意識し、気候や環境など変わらないものをベースにし、いつまでも変わらない空間の気持ちのよさをつくりだしていくことを心がけています。その上で、今の生活にあった機能をその空間の中にかぶせていくような、機能に左右されない計画のしかたを心がけています。
ヘーベルハウスのシステムを使って私たちがデザインした住宅に、すべてのお客様が100%満足して住んでいただくことが私たちのめざしている姿です。

ページトップへ戻る