DESIGNERS BLOG

2017.09.11

荒川圭史

照明器具

東京デザインオフィスの荒川です。

住宅と照明は切っても切り離せるものではなく、間接照明などは既にそれ自体が建築の一部であるし、最終的な空間の完成度は照明計画で決まってしまうといっても過言ではないと思っています。

中でも照明器具そのもののデザインや光の出し方で空間の主役になるのはペンダントやスタンドですが、今回は今までに使ったことのあるものをいくつか紹介したいと思います。

IMG_7021.JPG

浜田山住宅展示場のダイニングの吹き抜け空間に入れたペンダント。

ルイスポールセン/WOHLERT

デザイナー:ヴィルヘルム ウォラート

IMG_9154.JPG

IMG_9167.JPG

生田の住宅の全体で使ったペンダント、ガラスへのうつりこみを意識しながら計画しています。

FLOS /GLO-BALL

デザイナー:ジャスパー・モリソン

DSC09643 (2).JPG

江戸川区の住宅で使ったペンダント。ヘーベルハウスの吹き抜けにはよく出てきます。

YAMAGIWA/MAYUHANA

デザイナー:伊東 豊雄

K733-62136.jpg

世田谷のレジデンスで使ったペンダント本当にどうやってみても光源が見えません。

louis poulsen/ ARTICHOKE ブロンズ

デザイナー:Poul henningsen

K823-31198-1.jpg

三軒茶屋の集合住宅で使った、こちらもアーティチョーク。表面はステンレスですが、反射面は白色マット塗装です。

louis poulsen /ARTICHOKE ステンレス

K823-31187-1.jpg

同じく三軒茶屋の集合住宅のダイニングのペンダント。

louis poulsen /PH5

デザイナー:Poul henningsen

K823-31102-1.jpg

同じく三軒茶屋の集合住宅の玄関ホールのペンダント。

louis poulsen/ PH1/2pendant

デザイナー:Poul heninngsen

K823-31177-1.jpg

同じく三軒茶屋の集合住宅のダイニングのスタンド。左の赤いのがそうです。

またまたlouis poulsen/AJ Table

デザイナー:アルネヤコブセン

K790-32108.jpg

金町modelに使ったスタンド。

FLOS/IC LIGHT

デザイナー:マイケル アナスタシアデス

K808-45101.jpg

白山のレジデンスのダイニングのペンダント。

LE KLINT/ ラクロッシュ

デザイナー:アレリアン バルブリ

_MG_7814.jpg

成城modelのゲストルームのペンダント。

Secto Design /Secto4200

_MG_7453.jpg

同じく成城Modelのダイニングの吹き抜け。

DE MAJO/PRO SECCO S19D

DSC30000.JPG

壁のブラケット。

LUCE PLAN/LOLA

K843-51105.jpg

杉並区のレジデンスの吹き抜けのペンダント。

mooi/ランダムライト

デザイナー:Bertjan Pot

K849-41108-3.jpg

K849-41120-1.jpg

下赤塚の住宅で使っているペンダント二種とスタンド。

louis poulsen/PATERA

デザイナー Oivind Slaatto

フィボナッチ数列でできているというという話。

ダイニングのペンダントは

louis poulsen/ENIGMA 425

デザイナー:Shoich Uchiyama

奥のスタンドは louis poulsen/PH1/2Table。

こうしてみるとlouis poulsen まだまだ圧倒的に多いですね。

確かにデザインに力があって、それだけで空間がワングレードアップした雰囲気が生まれてきます。

ポールへニングセンに限りませんが、やはりデザインの力は大きいですね。

IMG_2881.JPG

最後におまけで豪徳寺ペンダント。

ダイコー電気+パーカーズ+東京デザインオフィス

一番最近完成した街かどヘーベルハウス豪徳寺では、グリーンを生かした空間デザインをしているパーカーズさんとダイコー電気さんとのコラボで、ついにオリジナルのペンダントも作ることができました。

光源を見せないようにパンチングメタルで囲い、上部に植栽を置き、葉を抜けてくる光と、葉に反射した光で明かりを感じられようにした ものです。街かどヘーベルハウス豪徳寺「はなまねき」で実物が見られます。

CONTACT US

東京デザインオフィスでは家づくりのご相談をいつでも承っています。最新の建築実例集もご用意しておりますので、
お気軽に下記連絡先からお問い合わせください。

フリーダイヤルでのお問い合わせ

0120-040-744

受付時間 / 9:00-18:00  定休日 / 火曜日・水曜日

CATEGORIES

Monthly Archive

New Entry

PAGE TOP