STAFF BLOG

2018.03.17

窓図鑑

窓図鑑vol.1:そもそも「窓」って何?

いま、住んでいる家に窓がなかったら・・・。

そんなことを考えたことがある方は、ほとんどいないでしょう。それほど、窓は住まいに欠かせないものです。その一方で「なぜ窓が必要なのか」「そもそも窓の役割とは何なのか」という疑問に答えられる人も、少ないのではないでしょうか。

当たり前すぎて、知っているようで実は知らない「窓のこと」。

「窓図鑑」では、これから家を建てようと考えている方にきっと役立つ「窓のこと」を、へーベルハウス東京デザインオフィスの荒川に語ってもらいました。

荒川.jpg

 荒川 圭史  あらかわ けいじ/東京生まれ
 1985年 東京理科大学工学部建築学科卒業
 1987年 同大学大学院工学研究科建築学専攻修士課程終了
 1987年 旭化成工業㈱入社以来東京の城南エリアで邸別の設計業務に携わる
 「フレックスレジデンス成城モデル」によるグッドデザイン賞など受賞多数

 荒川のプロフィール詳細はこちら

「窓」を知る第一歩は、"出入りするものを知ること"

madozukan01_01.jpg

窓がない家って、多分いやですよね。そもそも、光がなければ真っ暗で何も見えませんし、見えなければ、広さも色も分かりません。足の裏が触れている床以外は、どんな感触かと想像することもできませんよね。

どんなに素敵な家具や部屋があっても、見えなければないのと同じです。その、室内を見るための光は窓から入ってきます。だから「なぜ窓がいるか?」という問いの答えとしては、「光を入れるため」というのが一つあります。

でも、窓から取り入れるものは光だけではありません。「窓って何?」という問いを考えるうえで必要なのは「窓から取りこむのは何か」を知っていることなんです。逆に、それを知っていないと、窓が作れません。窓が作れないということは、間取りを作れないことにほかならず、間取りを作れないと、家は設計できませんよね。つまり、窓の役割を正しく理解するのは、建築デザイナーとしての基本の"き"になるのです。

窓から出入りするものは、5種類ある

madozukan01_02.jpg

話を戻すと、窓から取りこむものとして、一番重要なのが、先ほどの「光」です。窓から入ってくる太陽の光は上から降り注ぐため、必ず「俯角」で入ってきます。太陽の位置が一番低くなる日没でも、下から仰角で窓から入ってくることはありません。何かに反射して下から入ることはありますが。

2つ目として、光と対になって入ってくるものがあります。それが「熱」です。夏の日ざしは分かりやすいですね。カンカン照りの直射日光が部屋に入ってくると、窓を閉め切っていても、部屋の中は熱くなります。そういうときはカーテンをシャッと閉めますよね。光と熱が入ってこないように。

madozukan01_03.jpg

いまカーテンを閉めちゃいましたが、これでまた窓の様子が変わりますよね。外が見えなくなりました。つまり、窓からは「眺望」が入ってきます。これが3つ目です。庭の風景だったり、平野ならば遠景に山のすそ野が見えたり、ビルが見えたり。海沿いだったら、水平線や海岸が見えたりしますよね。窓からの視界というのも、入ってくるものなのです。

4つ目は「空気」や「風」です。日本は温暖気候なので、中間期(春や秋)は外の空気(フレッシュエアー)が適温だという前提で建築計画を作ります。いまは、24時間換気できるよう義務づけられていますが、熱のことはさておいて、空気の入れ替えだけを考えると、換気扇を使うよりも窓を開けて換気したほうが、圧倒的に効率がいいんです。

最後の5つ目が「もの」です。掃き出しの窓なら、人やペット、家具なんかも出入りできますよね。玄関も、家の中と外を繋ぐ窓と考えることができて、そこからは人やペットが出入りしますよね。荷物の出入りもありますし、引越のときには家具も出入りします。

窓の役割を理解していないと、適切な窓が選べない

窓図鑑画像.JPG

窓から出入りするものは、だいたい、この5つに集約されます。例外は・・・幽霊くらいですかね。壁を抜けちゃうので。

言われてみると、なーんだ、当たり前じゃないか、と感じると思いますが、これらが出入りすることを理解していないと、大事なことができないんです。それは「窓からの出入りを制御すること」です。どうやって、何をどのくらい制御するのか、というのは窓の位置や大きさ、素材やデザインで制御します。だから、何をどの程度制御するべきかが理解できていないと、適切な窓を選んで作れないということになってしまいます。

「出入りする5つのものが、どのくらい入れたいのか、入れたくないのか」という目的があって初めて、窓は選んだり、作ったりできるものなのです。だから、住宅の設計をするには窓の役割を理解していることが、とても大事になります。

CONTACT US

東京デザインオフィスでは家づくりのご相談をいつでも承っています。最新の建築実例集もご用意しておりますので、
お気軽に下記連絡先からお問い合わせください。

フリーダイヤルでのお問い合わせ

0120-040-744

受付時間 / 9:00-18:00  定休日 / 火曜日・水曜日

CATEGORIES

Monthly Archive

New Entry

PAGE TOP