STAFF BLOG

2018.03.31

窓図鑑

窓図鑑vol.2:「間取りの設計」と「窓の位置」と、先に考えるのはどちら?

前回は「窓から入るものは、主に5種類がある」「住宅設計をするには、窓の役割を理解する必要がある」という話を、東京デザインオフィスの荒川に語ってもらいました。 当たり前すぎて、知っているようで実は知らない「窓のこと」がよく分かる「窓図鑑」の2回目は、いよいよ間取りを設計をするときの、窓の話へと入っていきます。 「間取りの設計」と「窓の位置」と、どちらを先に考えるのか? そこで重要になるのが、窓から取り入れる5種類のうちのひとつ「光」です。

荒川.jpg

 荒川 圭史  あらかわ けいじ/東京生まれ
 1985年 東京理科大学工学部建築学科卒業
 1987年 同大学大学院工学研究科建築学専攻修士課程終了
 1987年 旭化成工業㈱入社以来東京の城南エリアで邸別の設計業務に携わる
 「フレックスレジデンス成城モデル」によるグッドデザイン賞など受賞多数

 荒川のプロフィール詳細はこちら

真っ先に考えるのは「外からの光を、どこから取り込むか」

madozukan02_01.jpg 住宅を設計する段になったとき、真っ先に考えるのは「どこから光を取り込むか」です。これから住宅を建てる現場の状況や立地から、そこにどんな窓を付けられるかを考えて、それから、どういう空間を持ってくればいいのか、という順序で考えていきます。 つまり、先に間取り図があって、どんな空間があると規定してあるところから、窓を決めるわけではないのです。これから家が建つ土地を実際に目にして、この向きに、この高さに、こういう窓を取り付けると、どんな光を取り込めるかというアイデアが先にあって、「その光を取り入れられるスペースは、どのような空間として使うべきか」という順序で決めています。 間取りを作るのはどちらかというと、その後です。厳密にいえば、窓があって間取り、という順ではなく、建築デザイナーは、それを同時にやっているんです。「どこから光がくるか」「どこに風が抜けるか」「そこから何が見えるか」という"窓から取り入れるもの"を意識していて、この敷地のなかにどういった部屋を置くか。その結果が間取り図となるのです。そのなかでも、最初に考えるのは「光」です。

「光そのものは見えない」のに、"見える光"は3種類ある?"

madozukan02_02.jpg ここでまた、知っておかなければならないことがあります。「光を窓から取り入れる」と聞いて、不思議には感じませんよね。でも、光って実は"見えない"のです。もっと正確にいえば「光そのものは見えない」のです。 ピンとこない場合は、窓から入ってくる、一筋の太陽の光をイメージしましょう。窓から太陽を眺めれば、太陽そのものが照り輝くのが見えます。これは「光源」ですね。家のなかに目を移すと、光っているのは、その光の筋に照らされた床や壁、空気中のホコリですよね。これらは物体に当たって「反射した光」です。窓に障子があれば、障子紙を「透過した光」が白く光ります。 照明の教科書などを読むと、照明となる光の種類には「光源」、「反射した光」、「透過した光」の3つがあると説明されています。

人が美しく感じるのは、3種類の光のうち、「反射光」と「透過光」

"見える光"が3種類あるのに関連して、理解しておくべきことが、もう一つあります。人がきれいだと感じる光は、「反射光」と「透過光」だということです。太陽を直接見ると、まぶしくて見続けるのは苦痛ですよね。つまり「光源」は、きれいだと感じる光ではないのです。 実際の建物で見ると、よりよく伝わると思います。これは「FREX RESIDENCE 成城モデル」を夜に撮影した写真です。

madozukan02_03.jpg 窓から漏れる照明の明かりの、光源がなるべく外から直接見えないように設計されています。壁や天井を照らして、その反射した光が外から見えるようになっているのです。 「きれいだと感じる光」を理解していると、照明を作るときにも役立ちます。良い照明は、絶対に光源が見えないんです。デンマークの照明メーカーLouis Poulsen(ルイス・ポールセン)社のデザイナー、ポール・ヘニングセンが1958年に発表した、ペンダント照明の名作といわれる「アーティチョーク」などは、その好例ですね。

madozukan02_04.jpg 何がすごいのかというと、どの角度から見ても、光源になっている電球が見えないようにデザインされていて、室内を照らす光は、シェードに反射する光だけなのです。 「照明をどうデザインするか」と、「外から入ってくる光をどうコントロールするか」は、実は根っこは一緒です。照明作りや照明計画がうまいデザイナーは、窓作りもうまいですね。 窓から光を取り込むためには、光の種類がまず分かっているかどうかがポイントになってきます。しかし、天空光にしろ、直射光にしろ、やみくもに窓をつけてもいい光は入ってきません。それでは、その場所に窓を取り付ける意味がないですよね。もし、「気持ちのよい光」をつかまえられる窓が設計できても、そこから入って来た光を透過させる障子や、反射する床や壁の設計がうまくないと、せっかくつかまえた「気持ちのよい光」を「気持ちよさ」につなげることができなくなります。 窓から取り入れる5種類のもののなかで、光のことを最初に考えるのは、そういう理由があるのです。

CONTACT US

東京デザインオフィスでは家づくりのご相談をいつでも承っています。最新の建築実例集もご用意しておりますので、
お気軽に下記連絡先からお問い合わせください。

フリーダイヤルでのお問い合わせ

0120-040-744

受付時間 / 9:00-18:00  定休日 / 火曜日・水曜日

CATEGORIES

Monthly Archive

New Entry

PAGE TOP