STAFF BLOG

2018.09.24

ハウスデザイナーからの手紙

【HailMary9月号掲載分】ハウスデザイナーからの手紙 #5

【ヘイルメリー9月号掲載】

ハウスデザイナーからの手紙 「住宅を作るということ 第5回」

窓をデザインする。

以前社内の設計の研修で、建築家の伊礼智さんに講師として来ていただいたことがあります。その時印象的だった話の一つが、見ていただいた住宅の窓がどれも多すぎるというコメントをいただいたことです。「40坪くらいの家なら窓の数は10個まで。」とおっしゃられていた気がします。これは何も10個以上設けてはだめという話ではなく、本当に必要な物かどうかを考え、見極めなさいという意味だと思います。その通りです。

また清家清さんは「現代の家相」という著書の中で日本の窓は「柱と柱の間の戸」としての間戸という意味であり、閉まっているのが常態の西洋の窓とは全く異なる概念であるといっています。そういう意味で日本家屋の窓はモダニズム以降の開口部という概念に近いのだと思います。写真のリビングの窓の作り方は、まさに柱と柱の間をすべて開口部にしているという点で日本的でもありモダンでもあります。建物は鉄骨ですが。

K854-51122.jpg

ここで窓の機能について考えてみます。そもそも窓とは一体何なのか。住宅を設計するということは、窓の位置や大きさ、開き方を決めていくことだといっても良いと思います。窓とは外部と内部の接点であり、正確には点ではなく幾重にも重なる層としてとらえたほうが良いかもしれませんが、窓をデザインするということは外から何を取り込んで、何を取り込まないかを決めることです。

では具体的に内と外でやり取りしているものは何なのか、それがわかっていないと気持ちの良い住宅を設計することはできません。取り込むものは気持ちの良さの素になるもので、制御するのはそれを阻害するものだと言ってしまえばそれまでですが、それは季節や時間帯で変化してしまうこともあるので、もう少し具体的に考えてみたいと思います。

これまでの話の中でも触れているように、真っ先に思いつくものは光です。二つ目は熱。光を取り込む時に同時に入り込んでしまいます。それが良いのか悪いかは季節によって変わってしまいます。冬であればありがたいものが、夏には厄介者にもなってしまいます。三つ目は風というか空気の流れ。内と外で空気の入れ替えをするときにも、熱のやり取りが同時に行われます。もっともそれが目的なので良いのですが。四つ目は景色というか視線です。外が見えたり、逆に内部をのぞかれたりということです。海や山、公園の緑が見えたりしたら、余計なことは考えずに、それだけを取り込むようにすれば気持ちの良い家が自動的にでき上がります。

180328-180-1.jpg

外から見られるような場合は窓を取りやめるか外からの視線をカットするような工夫が必要になります。最後は物や人の出入りです。住人やペットは玄関ドアや掃出し窓から出入りします。夏だと蚊のような嫌な虫が入り込んだり、ありがたくないものの代表として空き巣や強盗なんていう人たちが侵入することもあるかもしれません。

このように窓から入ってくる代表的な物は五つあり、これをよく理解していれば良い窓のデザインができ、気持ちの良い住宅が出来上がります。

CONTACT US

東京デザインオフィスでは家づくりのご相談をいつでも承っています。最新の建築実例集もご用意しておりますので、
お気軽に下記連絡先からお問い合わせください。

フリーダイヤルでのお問い合わせ

0120-040-744

受付時間 / 9:00-18:00  定休日 / 火曜日・水曜日

CATEGORIES

Monthly Archive

New Entry

PAGE TOP