1. トップページ
  2. 理想を叶えた実例
  3. 府中の住宅

この実例をお気に入りに登録

CASE 113

府中の住宅設計:荒川圭史/インテリア:稲村みどり/竣工:2014年5月

CASE 113 府中の住宅

「明るくて風通しのよい家が欲しい」というご要望はとても多いのですが、お施主様は「南向きの窓でないと光は入らない」「北向きの部屋は暗い」と思いこまれていることが多いように思います。この住宅は北側にも南側にも庭を持っています。
南北両方に大きな開口部を設け、借景の効く北側は順光のきれいな庭を設けています。南側には直射光と地面にバウンドした光を取り込む石庭のような庭を設けました。こうすることで気持ちのよい風が通り抜けます。天空光は室内で反射を繰り返しながら奥まで広がります。光の性格が真逆になるそれぞれの庭から入る光を内部に取り込むことで、奥行き感のある気持ちのよい空間を生み出すことができました。また、夜は太陽光の代わりに昼間と同じ面に間接照明の光が広がるような照明を計画することで、気持ちのよさを作り出しています。

住宅のデザインには、単に間取りを考えるということではなく、気持ちのよさを生み出す創造力が必要です。気持ちのよさを生み出す素は外部にあり、中でも光の捉え方や扱い方の違いが空間の質を大きく左右すると考えています。

 設計のポイント
・南側からの直射光・反射光・輻射熱を取り込み制御する。
・北側からの天空光を取り込む。
・南北に風道を作る。

写真

ダイニングとリビングの間に設けたパーティション、格子、段差で空間が分節される。
北の庭から入り込んだ天空光が床と天井で反射を繰り返す。

写真

南からは直射光が庭に反射して室内に入り込んでくる。

写真

夜は人口照明の光が壁に広がる。

写真

写真

写真

南の庭からは夏の直射光が入りにくいように軒を設け、さらにシェードで直射を制御し、地面に反射した光を内部に取り込んでいる。

写真

写真

ダイニングとつながる北の庭は第二のダイニングとなる。北の庭は順光状態となり緑の借景が映える。

写真

写真

二重壁とスカイウォールで囲み、
プライバシーが守られた二階のテラス

ページトップへ戻る

実例集などの資料請求はこちら

この理想を実現するにはこちらからご相談ください。

デザイナーによる相談・設計受付お問い合わせ

電話によるお問い合わせは フリーコール 0120-040-744(火曜日・水曜日定休)