1. トップページ
  2. 理想を叶えた実例
  3. 成城の住宅

この実例をお気に入りに登録

CASE 116

成城の住宅設計:荒川圭史/インテリア:稲村みどり/竣工:2015年12月

CASE 116 成城の住宅

工業化住宅であるへーベルハウスには、富裕層向けの商品は存在していませんでした。
へーベルハウスのシステムをカスタマイズし、高性能であることに加え、心地よさと上質さを併せ持った邸宅をデザインしたらどのような住宅ができるのか。そんな考えから生まれたのがへーベルハウスによる初めての邸宅「フレックスレジデンス」であり、そのフラッグシップモデルである成城住宅展示場「成城モデル」でした。
完成した建物は従来のモデルハウスでは実現できなかった豊かな空間構成と、心地よさが実現されていました。その成城モデルの完成から2年が経ち、多くのお客様にご見学いただくなかで、「フレックスレジデンス」という建物のあり方に共感していただけるお客様が増え始め、こうして同じ成城の地に、居心地のよさと上質な空間を追及し、時間をかけて丁寧にデザインした住宅ができあがりました。

写真

玄関扉を開けた瞬間の印象でその家の格が決まってしまうといっても過言ではないかもしれません。
ベーシックなやり方の一つとしては正面のアイストップになる壁はノイズをそぎ落とし、主役をはれる存在感のある仕上げ材を使いたいところです。
横からこの壁をなめるように光が入る開口を設けると、正面の壁が光を美しく広げてくれます。
玄関の姿見は進行方向と直行する面に、それも分節された壁の上下左右いっぱいに貼ると鏡そのものの存在が消え、空間が倍の大きさに広がります。失敗しない鏡の使い方です。

写真

隣地の通路を狙って決めた中庭には部屋の奥まで日差しが入り込みます。

写真

家族の集まるリビング。

写真

ダイニングのセンターには
アーティチョークが存在感を放っています。

写真

吹き抜け上部の空間は家族で使う書斎。デスク正面の吹抜け越しに中庭のヤマボウシが見えています。

写真

寝室とは独立した位置に設けた
大きなクローゼット。

写真

吹一階と同じ大きさの開口を設けた吹き抜けが
空間に変化を生みだします。

写真

中庭のデッキは室内と完全にフラットになるように計画しました。外と中を繋げる基本的なやり方です。デッキ材は腐らない樹脂系の材料で、かつ光が乱反射するようなリブが入った素材を使うことで、樹脂木の嘘っぽさが消えてくれます。

写真
写真

門扉もゲートも既製品は使っていません。扉はあえて正面を向けないように計画しました。壁をくりぬいてポーチの床を舐めるように内と外の両面に光を放つように計画し、アプローチ灯や天端に設けたドロップラインがノイズを消してシンプルな形を実現しています。

写真

ページトップへ戻る

実例集などの資料請求はこちら

この理想を実現するにはこちらからご相談ください。

デザイナーによる相談・設計受付お問い合わせ

電話によるお問い合わせは フリーコール 0120-040-744(火曜日・水曜日定休)