TDOの建築実例

CASE #105 大岡山の住宅

設計:
岩井 健一
カテゴリ:

主室となるLDKはより明るい2階に置き、ワンルーム空間としました。 そしてその南西角に2.4m巾の大きな開口部を設けました。 この窓は位置的に将来にわたって遮られる心配がないからです。 なおかつ隣家を感じない位置であること。大きな窓はこれひとつだけです。 あとは通風等の小窓を配置していきます。 風の出口となる小窓、屋根の上を狙った採光窓、家屋の隙間を狙ったスリット窓等しっかり目的をもった位置と大きさの窓だけをつけました。 不要な窓は設けず受け取れる光は全て取り込む、いつも以上これに徹しました。

各種お問い合わせ

東京デザインオフィスでは
家づくりのご相談をいつでも承っています。
最新の建築実例集もご用意しておりますので、
お気軽に下記連絡先からお問い合わせください。

フリーダイヤルでのお問い合わせ

0120-040-744

受付時間/9:00~18:00 定休日/火曜日・水曜日